学習メソッド - ロボ団

METHOD

ロボ団

学習単元と連動したプログラミング学習で
世界で活躍できる子どもを育てる
小・中学校の授業で取り入れ始めているプログラミング授業。算数・理科の学習単元と連動したプログラミング学習によって、理数・ITに強い子ども達を育てていきます。専用アプリがあるので、自宅でもその日の授業を復習できます。
将来的には、世界大会のロボコン(WRO)にも挑戦していきます。
  • 世界でも勝負できる子どもを育てる
  • 1 世界でも勝負できる子どもを育てる

    「世界でも勝負できる子どもを育てる」をミッションに、好きを学びに変え、理数・ITに強い子どもたちを育てるプログラミング学習です。独自のカリキュラムと専用アプリを使用し、STEM教育(Science科学・Technology技術・Engineering工学・Math数学)の基礎をはじめ、プログラミングやプレゼンテーションなどを学び、論理的思考力や問題解決力・表現力・集中力・やりきる力を中心に、チームで成果を出す力を身につけることができます。
  • 文系・理系の両要素と「やりきるチカラ」
  • 2 文系・理系の両要素と「やりきるチカラ」

    政府が提言している、「グローバル人材育成のための3本の矢」の2つ目に「イノベーションを生む理数教育の刷新」があります。これにより、大学入試時に必要な学力として、文系においても理数の力を重視することが決まりました。従来の文系・理系の一方に偏るのではなく、両方の素養を持つ人材の育成が求められています。理数教育を通じて理数系に強い子どもを育てるだけでなく、世界でも勝負する上で必要な「やりきるチカラ」を育むプログラムを行います。
  • 理数・ITに強い子どもたちを育てる
  • 3 理数・ITに強い子どもたちを育てる

    日本の理科や数学の勉強が楽しいと思う生徒の割合は国際的に見て低く、学年が高くになるにつれて算数・数学、理科ともに好きでなくなる傾向があります。子どもの成長は環境次第で、生まれつき文系・理系には分かれていません。子どもたちの好きなロボットを教材に科学・技術・工学・数学プログラムを通じて理数に強い子どもたちを育てます。
  • 教育版レゴ®マインドストーム®EV3
  • 4 教育版レゴ®マインドストーム®EV3

    教材として「教育版レゴ・マインドストームEV3」を使用しております。教育版レゴ・マインドストームは、MIT(米国マサチューセッツ工科大学)の研究結果を基にしており、プロセッサーにパソコンからプログラミングすることで、組み立てたロボットが自由でユニークな動きが出来るようになる教材です。